ホーム > インフォメーション
「カルミナ・ブラーナ」制作発表記者会見を行いました
2019.06.27

11月30日(土)にソニックシティ大ホールにて上演する「西本智実×ソニックシティシリーズVol.2 カルミナ・ブラーナ」。公演を約5か月後に控えた6月25日(火)、都内にて制作発表記者会見を行いました。

会見には埼玉県産業文化センター事業責任者の石井義行、振付/安藤美姫、舞踊/畠山愛理が出席。また演出・指揮をつとめる西本智実からはビデオメッセージが送られました。

 

埼玉県産業文化センター事業責任者/石井義行
「我々の劇場は客席数2,500の大きな空間でございますが、その空間を存分に使って新しい舞台芸術を創造できること、そしてお客様と共有できますことを大変光栄に感じております。ぜひこの「カルミナ・ブラーナ」を楽しみにしてただけますと幸いです。」

 

演出・指揮/西本智実(ビデオメッセージ)
「安藤美姫さん、畠山愛理さんといった日本を代表する才能を持ったアーティストと、これまでとは違ったアプローチで作品づくりができます。それぞれの専門分野が重なって、私たちだけではできないことが広がるかもしれません。そういった瞬間を一日限りの公演で、ぜひソニックシティのお客様に見ていただきたいと思っております。」

 

振付/安藤美姫
「喜び、悲しみ、悔しさ、憎しみなどこの世界の表現を一緒に創り上げていければ。皆さんの心に残るような激しく、あたたかい舞台を畠山さんと創っていきたいと思います。ぜひ楽しみにしていてください。」

 

舞踊/畠山愛理
「引退してからも、こうして表現の場をいただけることをうれしく思います。安藤美姫さんも私も、今までの表現とは違う世界だと思いますが、皆さんと一緒に力を合わせて素晴らしい作品にしていきたいと思います。」

 

記者会見の模様は、後日YouTubeソニックシティ公式チャンネルにて公開予定です。どうぞお楽しみに。

公演詳細はコチラ