ホーム > インフォメーション
公演レポート(第123回さいたま定期演奏会・日本フィルハーモニー交響楽団)/Concert Report “123rd SAITAMA Subscription Concert”
2021.01.18

2021年1月8日(金)第123回さいたま定期演奏会を行いました。

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲≪四季≫、ピアソラ:ブエノスアイレスの四季

時代も地域も音楽的背景も全く違う二人の作曲家が創作した、ふたつの「四季」に焦点を当てた貴重な公演でした。

 

日程:2021年1月8日(金)19:00開演

場所:ソニックシティ大ホール

ヴァイオリン:神尾真由子

管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団

コンサートマスター:田野倉雅秋[日本フィル・コンサートマスター]

ソロ・チェロ:菊地知也[日本フィル・ソロ・チェロ]

 

 

 

【123rd SAITAMA Subscription Concert】

●Program

Antonio VIVALDI: Le quattro stagioni op.8

Astor PIAZZOLLA (arr. Leonid Desyatniko):The Four Seasons of Buenos Aires (for Violin and Strings)

 

●Information

Date and Time:7:00pm, January 8th (FRI), 2021 at Sonic City

Violin: KAMIO Mayuko

Orchestra:JAPAN PHILHARMONIC ORCHESTRA

Concertmaster: TANOKURA Masaaki, JPO Concertmaster

Solo Violoncello: KIKUCHI Tomoya, JPO Solo Violoncello

 

It was a valuable performance focusing on the two “four seasons” created by two composers with completely different times, regions, and musical backgrounds.

 

 

この冬一番の寒波が訪れた1月8日金曜日19:00、燃え盛るような太陽をイメージさせる赤いドレスを纏い、神尾真由子さんが舞台上に登場。

Ms.Mayuko Kamio appeared on the stage with the bright red dress,  like a colour of sunshine at 19:00 on Friday, January 8th, when the coldest wave of this winter came.

 

 

前半のヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲≪四季≫が始まりました。

8型のオーケストラはやや小型、ソーシャルディスタンスを十分に取り、見た目以上に豊かな響きで誰もが知るあの≪四季≫を演奏します。弦楽器の繊細さ、神尾さんの超絶技巧が光り、圧倒的な演奏でした。神尾真由子さんの後方には、チェンバロが鎮座しています。チェンバロは、普段のオーケストラには登場しない楽器ですが、バロック音楽にはなくてはならない楽器です。

The performance of  “Antonio VIVALDI: Le quattro stagioni op.8”  has begun.

The size of  the orchestra was for chamber music, smaller than usual , has a social distance,but plays the well known  “four seasons”  everyone knows with a richer volume than it looks. The sound of the string instruments was very delicate, and Ms. Kamio’s virtuous skill stood out, and it was so impressive.harpsichord player sits behind Ms.Mayuko Kamio. The harpsichord does not usually appear in the orchestra, but it is an indispensable instrument in baroque music.

 

 

休憩は取らず続いて、ピアソラ:ブエノスアイレスの四季。

ヴィヴァルディの四季とはリズムや響きが全く違うので、アメリカ、南米へトラベルしたかのように、会場全体の雰囲気が一瞬で変わりました。タンゴのリズムの中に、ヴィヴァルディの四季からの引用があり、創意工夫が随所に発見できる非常に興味深い作品でした。

Next, Astor PIAZZOLLA:The Four Seasons of Buenos Aires.

The rhythm and sound are completely different from Vivaldi’s four seasons, so that the atmosphere of the concert hall has changed in a moment as if we had traveled to the United States and South America. In the rhythm of tango, we can hear some quotations from Vivaldi’s four seasons, and it is a very interesting work where innovations can be found everytime.

 

 

 

 

~オーケストラと盆栽の出会い~

2000年より継続しております「さいたま定期演奏会」を、さらに地域性豊かなものに育てたいとの想いから、本公演より「盆栽」との共演に挑戦しました。

「盆栽」は、日本に伝来後、江戸時代に発達し明治時代には盆栽愛好家が多数現れます。そして「盆栽」文化の中心地として、100年近く前、大宮盆栽村が誕生します。(現さいたま市北区盆栽町)その後「盆栽」は、絵画や彫刻、クラシック音楽と並ぶ芸術に発展し日本文化の代表となりました。大宮が世界に誇る文化である「盆栽」と、日本を代表するオーケストラ・日本フィルハーモニー交響楽団との共演を今後も続けていきます。埼玉県の皆様に共感を持って楽しんで頂けることを願っています。

~The Encounter between Orchestra and Bonsai~

We have been holding “Saitama Subscription Concert” since 2000. Now,we challenged to co-operation with “Bonsai” from the desire to grow this seriese into more characteristic.

 “Bonsai” has developed in the Edo period, and many bonsai lovers appeared in the Meiji period. Omiya Bonsai Village was born nearly 100 years ago as the center of “Bonsai” culture. (Bonsai-cho, Kita-ku, Saitama City) 

“Bonsai” developed into art equivalent to paintings, sculptures, and classical music, and now it is a representative of Japanese culture. We will continue to make performances with the world-class culture, “Bonsai,” and Japan’s leading orchestra, “the Japan Philharmonic Orchestra”. We hope that everyone in Saitama Prefecture will enjoy it with sympathy.

 

 

特別協力:清香園

【五葉松】

科名・属名:マツ科マツ属

原産地:日本

分類:常緑針葉高木

推定樹齢:300年

Special Thanks: Seikouen

【Pinus parviflora】

Family name / genus name: Pinaceae

Origin: Japan

Classification: Evergreen coniferous tree

Estimated tree age: 300 years

 

 

ヴァイオリン奏者を、盆栽が後ろから見守るようです。

It’s as if the ”Bonsai” is watching the violinist from behind .

 

 

リハーサルの一幕。盆栽を近くで観る日本フィルの奏者たち。説明をする清香園・一色氏

A scene from the rehearsal. The players of the Japan Philharmonic Orchestra are watching “Bonsai” nearby. Mr. Isshiki, a staff member of Seikouen, explains.

 

 

 

公演動画(一部のみ公開中)

 

 

 

当日配布プログラム

123回プログラム8p-9

123回プログラム8p-10

123回プログラム8p-11

123回プログラム8p-12

123回プログラム8p-13

123回プログラム8p-14

123回プログラム8p-15

123回プログラム8p-16

 

公演チラシ

 

ソニックシティ主催公演における感染症対策について